【バンクーバーのうぇぶ屋】のセナさんのセミナーで心に突き刺さった金言

こんにちは!  いわだて (@dutchisover) です!

Sena

今回こちらのセミナーに参加させていただきました!

実直な感想は、【面白かった】ですね。聞きたいと思っていた以上に貴重なお話しは聞けました。

ネタバレにならない程度ならと、ブログに書くことをご本人に許可はいただけましたので、そこで個人的に【感じた】【刺さった】お話しとかをいろいろと書き残してみます。

What Do You Mean to the World?

まず、冒頭一発目からやられました

これはGoogle先生に直訳してもらうと、

Google 翻訳

とか出てきました。まぁ、変な訳なので、セミナーの内容と照らし合わせると、あなたの価値は?的なところでしょうか。とくに国外という日本人が日本国内よりも労働に厳しい環境で生き抜いて結果を出してきた方からの言葉なので重みがあります。が、もちろん日本国内でも同様の考え方ですし、自分が以前の職場にいたころからずっとモヤモヤと感じてきた感覚をズバっと斬ってもらえたような爽快感に似たものを感じました。

【自分にしかできない】を 証明する努力

そしてここに繋がるんですね。セナさんがどうやってバンクーバーで 【自分にしかできない】を 証明する努力を実行し成功して今に至ったのか、はセミナーに行けた方々の特権とかネタバレになるので触れられません。が、やはり今の僕に最も必要なものってこれです。

例えば僕なら

ここ【大阪】で【WEB屋】の仕事をする、ということであれば、経験値だけでいったら諸先輩方々には今の自分ではまず敵うわけがありませんし、年齢も若くもありません。
が、僕には大阪の方たちにはない(というか縁遠いという意味で)北海道や東北といった地域に対するコネクション、というものがあります。(地元なので)
または別業種である業界に対するコネクションもあります。(前職)が、それをどう仕事に繋げていくのか、という見通しをもう少ししっかりたてないと武器にはなり得ません。選定中です。

また、(WEB屋ではない)大きな企業のなかでの中規模組織の立ち上げ・運営経験など、WEB業種のみで生きてきた方達では逆に経験できないことから見えてくる武器というものもあるはず。あるはず!きっと!なので、今は武器を研磨中です。

自分のなかで 「僕と仕事をしてくれるとこんな○○ができるよ!他の大阪のWEB制作の人達ではマネできないでしょ!?」といえるところを今後どれだけ磨いて武器にしていけるか、ですね。

根拠がなきゃやらない

これはセミナーの内容というより、最後のほうでポロっと言われてた言葉でした。

セナさんのブログ記事で 僕にとって前払いしてもらうことの意味の話とか色々 | バンクーバーのうぇぶ屋 のなかでも書かれていることですが、

お金を先に払って貰えるということは、僕が持っている経験や実績、そして日々繰り返す調査と分析、思考と錯誤における様々な結果を見て『セナならこういう未来が作れる』と思って貰えた事の証だと僕は思っとります。

と、自分ならこうできる、ということを【証明】しているからやれています、というお話しがありました。で、そんな中 「海外用の英語サイトは作らないんですか?」という質問があったときにポロっと出たのがこの言葉でした。

その前にもいろいろとセナさんの分析能力やマーケティングのアプローチ方法などの伏線アリーのからの話しなんで、ちょっとこのブログからは伝わりづらいかもです。が、要はセナさんの中で 今現在【証明できないこと】に対する考え方になるのかな、と個人的に感じました。

この、【押すところ】と【引くところ】の感性を垣間みれた金言に、個人的に僕の琴線がビリビリされましたw

強弱と身振り手振り

あとここは金言ではなく、僕が個人的に感じたセミナーでのセナさんの伝え方です。

セナさんはセミナー中でも【コミュニケーション能力を高める】ことの重要性について語っており、海外でほぼコミュニケーション能力だけでの成功例なども話してくれました。

それだけコミュニケーション能力の重要性を身を以て実感しているセナさんです。セミナー中は手が止まることがほぼありませんでした。常に身振りや手振りで説明されると自然と聞き手側もその人が話したい真意を一緒に考えてしまいますよね。

また、言葉も強弱がはっきりとしていて、かつ抑揚がしっかりとつけられているので セナさんが伝えたいことは「今だ」 ということが よりわかりやすく伝わってきます。

当たり前のことのようで、なかなかこれを実用レベルで実践するのは難しいです。僕も以前の仕事で何人も 0からの教育をしてきましたが、人から人に何かを教えるのってスゲー難しいことですよ。
自分のなかに確固たる自分を持って、それがぶれずに かつ核心を分かりやすくその人に合わせて伝える。これって凄まじいスキルですよ。僕はぶれまくってました。

僕はこのセミナーで会った方達に自分を上手く伝えることはできていなかったと思います。これは今の自分の力不足であり、その足りない部分を補うために必要なものを今回たくさん教えていただいたと(かってに)思っております。実りある貴重なセミナーでした。セナさんありがとうございました!

最後に セナさんの活動について

今はまだセナさんの妄想のようです(笑)が、セナさんが今後バンクーバーで クリエイター向けにシェアハウスを展開させていかれるようです。セナさんにいろいろサポートしてもらいながら海外にチャレンジできるなんて凄まじく魅力的じゃないですか!

今後またプランがすすんだらこのサイトで進捗は確認できるようですので、留学やバンクーバーに興味がある方は、セナさんにご相談してみてはいかがでしょうか?

Sponsored